多趣味な部屋

多趣味な人間が何か言ってるんで聞いてやって下さい

江戸大衆文化と現代アートを


お正月明け。

 

冬休みとはいえ、冬季講習があるので、

強制的に勉強していました、学校では。

 

家ではMinecraftYouTube三昧。

それはそれで楽しかった。

 

 

 

年始ということで、

BOOKOFFのセール。
f:id:tashumi:20200218223823j:image

約900円でこれだけ買えました。

かなり満足です。

 

コンビニ人間」なんかは全然値下がらなかったのに、ここに来て200円という安さ。

今まで500円だったので即買い。

 

その他有名小説。

 

ちなみに「限りなく透明に近いブルー」は読んでる途中で挫折しました。

難しい。

 

まぁとにかく、

金欠の人に古本はありがたいです。

 

 

 

 

 

そして始業式。

午前で終わったので、遠回りして帰りました。

 

江戸東京博物館「大浮世絵展」へ。


f:id:tashumi:20200218224506j:image

 

この展覧会のスゴいところは

浮世絵を代表する5人、

歌麿写楽北斎・広重・国芳の代表作が集合しているところ。

 

かなりボリューミーな展覧会。

 

平日のお昼前、

客はご高齢の方ばかり。

 

こんな時間でも案外混んでいるんだなぁ

という印象。

 

 

歌麿」の女性
写楽」の真の役者
北斎」の水の流れ
「広重」のシルエット
国芳」の奇抜さ

 

全てに魅せられました。

 

国芳なんかは初めて見たけど、惹かれる。

見ていて面白い、楽しい。


北斎は何度見ても良い。

 

広重の描く影を初めてちゃんと見た。

 

浮世絵を代表する5人の画家が1つの展覧会に集まるなんて珍しいので、行けてホント良かったです。

 

 

この江戸東京博物館は常設展示も良いけど、

時間が無くて行けませんでした。

 

 

とにかくこの展覧会は良かった。

多分こんな1つの展覧会でこんなにいっぱい見れることなんて無いから。

 

 

 

 

 

 

 

その数日後に、

渋谷パルコに行きました。

 

最近リニューアルオープンして話題のとこ。

 

旧渋谷パルコが無くなったのが何年前か忘れましたが、

東京FMスペイン坂スタジオには行きました。

無くなる直前に。

渋谷パルコ内にあり、よく聴いてた「Sky Rocket Company」のスタジオでした。

だから記念に、と思って。

 

 

欅坂46の「世界には愛しかない」のカップリング曲、平手友梨奈ソロ曲、

「渋谷からパルコが消えた日」

懐かしい。

かなり衝撃的な曲でしたね。

 

 

 

時間が経つのは早い。

 

 

個人的にそんな思い出がある渋谷パルコ、

 

そこでもある展覧会がありました。

 

 

Rhizomatiks inspired by Perfume 2020」


f:id:tashumi:20200219214237j:image

 

Perfumeのステージ演出を手掛けるライゾマティクスの作品の展覧会。

 

ステージ演出技術やその二次利用による新作品が展示されていました。

 


f:id:tashumi:20200219215311j:image


f:id:tashumi:20200219215334j:image

ドローンを使ったステージ演出の展示。

「Cling Cling」を紅白歌合戦で披露したときの演出なので、実際に生で見た人も多いはず。

 

ライゾマティクスはドローンをいち早く演出に取り入れたことでも知られています。

 

 

 

 


f:id:tashumi:20200219215710j:image


f:id:tashumi:20200219220343j:image

実際のライブ映像と、データでの映像が交互に流れています。

だから分かりやすいです。

曲は「Fusion」

 

 

 

 

 


f:id:tashumi:20200219221316j:image


f:id:tashumi:20200219221347j:image

これはある生放送のときに使われた技術。

世界3都市、別々の場所で踊る3人ですが、

この正四面体フレームを利用することで、

スクリーン上では同じ場所でパフォーマンスしているように見せるというもの。

 

たしか5Gの宣伝とかで、

遅延等が発生しないということで、

この演出になってる気がします。

 

3人はスクリーン上では同じ場所にいるのですが、実際は別々の場所にいる。

それを利用した、面白い映像作品となっていました。

 

 

 

 

 


f:id:tashumi:20200219221941j:image


f:id:tashumi:20200219222110j:image


f:id:tashumi:20200219222136j:image

「SXSW(サウスバイサウスウェスト)」にて行われたライブの演出。

ライブハウスでライブをするPerfume

これもライブ配信されました。

 

複数のカメラでこのライブを撮っているのですが、

これはライブ配信画面にて、その複数のカメラ間を移動するという演出。

要するに、ライブ配信中に視点が何回も変わるということ。

(分かるかな?)

 

言葉で上手く説明できないので、

YouTubeで動画を見ていただきたいです。

「SXSW ライゾマティクス」で検索してください。

何とも面白い映像作品です。

 

絶対に見るべき。

違法アップロードだろうが、見るのは問題無いし。

面白いから。

 

 

 

 

 


f:id:tashumi:20200219223105j:image


f:id:tashumi:20200219223209j:image

没入型ディスプレイによる上映。

なんかスゴく変な感覚になります。

 

 

 

 

その他にも何個かありましたが、

将来こういったことをしてみたいなぁと思いました。

いわゆるメディアアート

テクノロジーを利用した表現。 

 

あまり体験できない、アート体験でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じく渋谷パルコ。

GalleryXにて、タウンワークス」


f:id:tashumi:20200219223615j:image


f:id:tashumi:20200219223646j:image


f:id:tashumi:20200219223705j:image


f:id:tashumi:20200219223824j:image

 

なんかすごく混沌とした空間が広がっていました。

でも空間を構成している1つ1つが面白い。

んで、それがいい感じに合わさることでまた面白い景色を生んでいます。

 

中々面白かった。

 

こういった空間、大好き。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:tashumi:20200219224307j:image

ポケモンセンター渋谷にも行きました。

これは、その壁画。

 

この絵を書いた画家プロデュースのグッズがありましたが、それがかなりカッコいい。

 

スマホケースとかもあったけど、iPhoneのしか無かった。

 

Tシャツは買いたいですね。


f:id:tashumi:20200219224553j:image

↑コレ。

 

 

 

 

 

 

 

まぁそんな感じで遊んだ数日間でした。

 

こんな感じの記事がしばらく続きます。

 

しばらく遊び倒します。

 

多趣味でした。